防犯のため通学路を親子で歩いて決めよう

通学 防犯

小学校への入学を機に、子どもの預かり時間が短縮される傾向にあります。交友関係が広がることで少しずつ行動範囲も広がり、子供だけでの行動時間も増えていきます。幼稚園や保育園へは保護者が常に送迎を行っていましたが、小学校へ進学すると子どもひとりでの登下校が始まります。近年、子どもが巻き込まれる犯罪は全体として減少傾向にはありますが、児童連れ去りや強制わいせつなどの性犯罪は横ばいにあります。こういった犯罪のほとんどは登下校中の時間帯が多くを占めています。子どもが安全に登下校を行えるよう、事前に親子で防犯対策やルールを決めて危険なことに巻き込まれない準備をしておくことがおすすめです。登下校の際は、学校で決められた通学路を親子で確認し、危険と感じる場所や困ったときの対策などを一緒に決めておくのが得策です。

人通りや交通量もチェック時間帯別の確認も必須

登下校ではどうしても子供がひとりで単独の行動になります。学校では、基本的にスクールゾーンを決めている傾向ですが、実際に親子で確認することが重要です。登校時刻の交通量や人の多さなど、何か困ったときに助けを求めることが出来るかなど、一緒に歩いて確認しましょう。また、同じ道順でも時間によってさまざまに変化します。通学路から少し中に入っただけで人影のないような場所もありますので、通学路近くの環境や状況も一緒に把握しておきましょう。下校時刻にはどのような変化があるかいくつかの時間帯に分けてチェックし、危険と感じる場所には近づかない、入らない、通らないといったルールを決めておくのが大切です。更に、通学路のみならず、近隣の公園など、利用する場所の周辺は防犯としてチェックが必要でしょう。親子で行動エリアを共有することで安全に行動できる環境づくりを行いましょう。

防犯ブザーの利用やルールを決めよう

数年前より、防犯の一つの対策として「防犯ブザー」の利用を学校がすすめています。入学時に学校から配布されるなど、防犯ブザーを活用することで子どもたちが安全に通学できるように考えられています。また、生徒や保護者、近隣住民からの情報をもとに「安全マップ」などが作られ、危険と思われる場所へは近づかないよう呼び掛けています。子どもが保護者から離れ単独行動の際に連れ去りなど、さまざまな犯罪に巻き込まれることが多く、「お母さんが呼んでいる」「道案内をして欲しい」などの声掛けや、子どもが強く興味を持つような内容で巧みに接近してきます。そんな時、どのように対応するかを親子で話し合っておくのがおすすめです。また、近年顔見知りの犯罪などが起こっているため、「知っている人」でも家族以外には付いて行かない、一度帰って確認するなど徹底したルールを決めることで、防犯対策を行うのが重要です。

JR東日本、山手線・中央線(東京~高尾駅間)にて、当社のサービスを開始いたしております。 JR東日本のアプリで通知を受けることも可能となっております。 当社の見守りサービスは、JR東日本とセントラル警備保障の共同事業となります。 新しく端末等を準備する必要がなく、見守りサービスが利用できます。 通学時の子供の安全を保障する防犯対策はセントラル警備に一任