一番防犯に適した通学路はどれか話し合おう

通学 防犯

春先の新入生が多い時期、夏休みなど長期休暇明けの休み気分が抜けきらない時期は、子どもを狙った傷害問題や、不審者による声かけ事案などの発生件数が多い時期と言われています。通学路は一定の安全基準のもとに定められているものの、新しい建物が建ったり、空き地の雑草が伸びて見通しが悪くなったり、新しい店舗の出店により新たな人の流れができるなど、環境の変化が少なからず起きるものです。特に長期休暇明けには、通学路の風景が変わっていたということもあるので、日頃通い慣れた道であっても定期的にお子さんと一緒に通学路を歩いてみて、気になるところがあれば学校へ対策を相談するなど、保護者の目線から積極的に通学路の安全対策に携わる姿勢も大切です。防犯対策は少しの心がけでその日から実践できることも多いので、通学に関する防犯対策を見直してみましょう。

通い慣れた通学路で防犯上気をつけたいこと

毎日のように利用する通学路は、子どもがきちんと決められた道を通るということで、学校も保護者も、そして子どもたちを見守る地域住民にとっても防犯対策をとることができるという利点があります。近道だから、ちょっとした好奇心からといった理由で子どもは通学路以外の道を通ってしまうこともありますが、指定されたルート以外では人目につきにくくなるなど、通学路よりもトラブルに巻き込まれるリスクが高まります。その上、万が一の事があった際に指定されたルート以外にいた場合、居場所を見つけるまでに時間がかかってしまいます。子ども自身にもなぜ通学路を通ることが大切なのか日頃から教えておくことで、子どもの防犯意識向上にも繋がります。また通学路のほかにも、頻繁に利用する遊び場所や友人宅からの帰宅の道順なども合わせて確認しておくことがおすすめです。

通学時の心がけと有効な防犯対策

保護者の目から離れる通学時において、子ども自身の防犯意識がリスク回避に繋がります。危険から身を守る上で、一人にならない、見ず知らずの人についていかない、背後から近づいて来る人にも注意を払う、恐怖を感じたらすぐ逃げる、大声を出す、車に乗った人から声をかけられても不用意に近づかないといった基本的な心がけがとても重要です。いざという時の防犯ブザーも手の届くところに携帯し、使い方を日頃から確認しておくことが大切です。とっさの際には大声を出せない場合もあるので、防犯ブザーを選ぶ基準として音の大きさが大切です。最低でも地下鉄車内の音に相当する80db、それ以上の100db、120dbの物があればより安心でしょう。また防犯ブザーだと認識されやすいデザインの方が抑止力になります。ちょっとした工夫で防犯対策はすぐに実践できる内容ばかりです。